コルチコトミー矯正


corticotomy correction

コルチコトミー矯正(成人スピード矯正)


実はこの言葉は、歯科医師でさえもあまり聞きなれない言葉で、通常より短期間で終わる矯正治療のことです。早く終わることがコルチコトミー矯正がスピード矯正とも言われる所以ですが、本来の目的は、通常の矯正より歯牙移動の拡大を行い、歯根吸収・歯肉退縮・後戻りを少なくするというものです。

不正咬合(悪い歯並び)の種類

治療スピードと成果をもたらす先進的な手法


矯正治療は治療期間が長く、とくに成人してからの矯正治療は1年半2年以上と長期間になるのが一般的です。しかしコルチコトミー併用矯正なら、治療期間は通常の2分の1~4分の1、場合によっては半年で治療が終わることもあります。

それは、簡単な外科的手法(コルチコトミー併用矯正・アンカーインプラント併用矯正)を用いて大きく早く距離を移動させることができるようになったため、驚くべきスピードで治療の短縮が可能になったからです。この治療は、世界でもほんの一握りの歯科医師しかすることができない高度な治療です。

コルチコトミー矯正の治療方法


少し前までは、成人の矯正は不可能だと考えられていました。なぜなら成人は、発育過程の子供に比べると、歯を支える歯槽骨の表面にある皮質骨が非常に緻密で硬いために、歯の移動が難しいからです。また、せっかく矯正した歯列も戻りやすく、骨が硬いことからくる歯の移動時の違和感も、成人矯正における問題点でした。

歯科治療を受ける女性

皮質骨切除術


コルチコトミーは、『皮質骨切除術』のことを言います。つまり、硬い骨にほんの数ミリの切れ目を入れて、内部の柔らかいスポンジ状の海綿骨にもひびを入れて、歯根が収まっている海綿骨ともども動きやすくしようという方法です。


コルチコトミー併用矯正によって、矯正期間は通常の2分の1から4分の1に短縮されます。しかも、骨折と同じ原理で、1度切った骨は、回復すると以前より強固になり、矯正後の後戻りが縮小されるという別の大きなメリットもあります。矯正中の痛みや違和感も軽減されます。

コルチコトミーとアンカーインプラントの関係


少し前までは、成人の矯正は不可能だと考えられていました。なぜなら成人は、発育過程の子供に比べると、歯を支える歯槽骨の表面にある皮質骨が非常に緻密で硬いために、歯の移動が難しいからです。また、せっかく矯正した歯列も戻りやすく、骨が硬いことからくる歯の移動時の違和感も、成人矯正における問題点でした。

矯正歯科治療の図

歯肉退縮のリスクの軽減


また、矯正による副作用とも言うべき歯根吸収のリスクの軽減、歯肉退縮のリスクの軽減も兼ね備えています。さらに、歯牙移動範囲が拡大されるため、従来の治療では抜かなければならなかった歯も、歯の自由な移動が可能になったコルチコトミー技術とアンカーインプラント技術を併用することで、抜かずに済むケースが多くなりました。

コルチコトミーは『皮質骨切除術』の名のとおり、手術ですが、親知らずを抜くときと同じくらいの短時間での処置です。しかしながら、複雑な口腔内を手術するわけですから、熟練したテクニックと高度で豊富な専門知識が要求されることは言うまでもありません。日本ではこうした施術ができる医院がまだ限られているのが現状で、くりかえしますが、歯科医師選びは慎重にしなければなりません。

(沖縄県では、この方法を用いて治療を行っているのは当医院だけです。2011年6月時点)

うるま市の歯医者【ファーストデンタルクリニックうるま】のロゴ
田熊 啓弘のプロフィール写真

この記事の著者・監修者

理事長:田熊 啓弘

福岡、佐賀で勤務医経験後、沖縄にて(医)秋桜会さくら歯科クリニック・インプラントセンターを開業。2012年6月うるま市にて、ファーストデンタルクリニック、摂食・嚥下口腔リハビリセンターを開設

略歴

  • 長崎大学歯学部卒業
  • 日本顎咬合学会認定医
  • 国際インプラント学会(ICOI)専門医
  • 国際インプラント学会(ICOI)指導医
  • 日本口腔インプラント学会専修医
  • 子どもの歯並び予防矯正認定医
  • 健康のための永久歯列矯正認定医
  • 日本口腔インプラント学会所属

詳しく見る

Copyright © 2023 ファーストデンタルクリニックうるま 
All Rights Reserved.
Visited 316 times, 1 visit(s) today