咬み合わせ


Bite

矯正治療の可能性とその限界


歯がきれいな女性

矯正の治療は素晴らしいもので、その結果として美しい口元や快適な食生活を得ることができます。しかし、すべての歯科治療に言えることではありませんが、最も大事なものは咬み合わせです。矯正で歯を並べることはできますが、咬み合わせまで一気に仕上がるものではありません。

咬み合わせを極めるための必要な経験と知識


咬み合わせを良くするのは、いわゆる咬合治療と呼ばれるもので、それをマスターするのにはかなりの勉強と熟練を要します。その最たるものは、総入れ歯(総義歯)です。総義歯を極めることは、咬合に関して、かなり精通することになるのです。また、多くの歯を失った場合、インプラント(人工歯根)を入れることも多くなってきましたが、そのインプラントの上には、当然のことながら多くの被せ物を被せなければなりません。

歯の模型を持った歯科医師

歯並びに悩んでいる方


全顎的な一口腔単位で診る治療に熟練することも、咬み合わせの診査・診断、そして治療を極めていくことに繋がっていきます。また、一般歯科の場合、すべての方々に関して、幼少期からお年寄りになるまで、末永く見守っていくことを日常臨床としています。いわゆる予防です。したがって、一人ひとりの方の、歯牙や歯列、歯周組織の変化までをずっと観察することができるわけです。

咬み合わせ治療の実践と最良の診療環境


アメリカには、チームアトランタという、最良の、そして最先端の歯科医療を提供している医院がありますが、ここでは、すべてのジャンルに精通しているドクターが複数存在して、チーム医療として動いています。まさに歯科医療の理想形です。したがって、ここでは、矯正から咬み合わせ、または補綴(被せ物)治療までを一貫して行っていますので、まったく矯正に関するトラブルもなく、末永く安定した、審美的・機能的に優れた口腔環境を作り上げることが可能になっているのです。

うるま市の歯医者【ファーストデンタルクリニックうるま】のロゴ
田熊 啓弘のプロフィール写真

この記事の著者・監修者

理事長:田熊 啓弘

福岡、佐賀で勤務医経験後、沖縄にて(医)秋桜会さくら歯科クリニック・インプラントセンターを開業。2012年6月うるま市にて、ファーストデンタルクリニック、摂食・嚥下口腔リハビリセンターを開設

略歴

  • 長崎大学歯学部卒業
  • 日本顎咬合学会認定医
  • 国際インプラント学会(ICOI)専門医
  • 国際インプラント学会(ICOI)指導医
  • 日本口腔インプラント学会専修医
  • 子どもの歯並び予防矯正認定医
  • 健康のための永久歯列矯正認定医
  • 日本口腔インプラント学会所属

詳しく見る

Copyright © 2023 ファーストデンタルクリニックうるま 
All Rights Reserved.
Visited 67 times, 1 visit(s) today