うるま市の歯医者【ファーストデンタルクリニックうるま】のロゴ

インビザライン


Invisalign

マウスピース矯正(インビザライン)


インビザライン

透明で目立たない取り外しのできる矯正


ストレスのない気軽な矯正で歯並びを綺麗にすることができます

インビザラインとは


透明なマウスピースを使った矯正治療方法


インビザラインは、透明なマウスピースを使った矯正治療方法の一つです。従来のブラケット矯正と異なり、マウスピースを使用することで、見た目が自然で痛みも少なく、生活に支障をきたしません。また、マウスピースを交換することで歯の移動を段階的に行い、より正確な矯正治療が可能となります。

インビザライン

インビザラインはこのような方にオススメ


歯並びに悩んでいる方


インビザラインは、歯並びが気になっている方におすすめです。歯並びが悪いと、見た目の美しさだけでなく、咬み合わせや口腔内の清潔さにも影響を与えます。また、歯並びが悪いことで歯周病や虫歯などの口内環境の悪化を招くこともあります。

矯正ブラケットを付けたくない方


矯正ブラケットは、歯に装着する金属製の器具で、歯並びを矯正するために使用されます。しかし、矯正ブラケットをつけることで、見た目の変化が大きく、また清潔さを保つためのメンテナンスも必要になります。このようなデメリットがあるため、矯正ブラケットをつけたくない方には、インビザラインがおすすめです。

日常生活に制限を設けたくない方


矯正ブラケットをつけた場合、食べ物の制限や口腔内の清潔さを保つためのメンテナンスが必要になります。また、スポーツをする場合には特別な注意が必要になることもあります。一方、インビザラインは、マウスピースをつけているだけなので、日常生活に制限を設けることがありません。

インビザラインのメリット



見た目が自然であること

ブラケット矯正のように装置が目立たないため、矯正治療中でも周囲から見た時に自然な印象を与えます。


マウスピースを取り外せる

マウスピースは外すことができるため、食事や歯磨きなどの日常生活に支障がなく、口内清潔も維持しやすいです。


痛みが少ない

ブラケット矯正のように金属を歯に固定する必要がないため、痛みが少ないとされています。


治療期間が短いこと

個々の症例によりますが、従来のブラケット矯正と比較して、治療期間が短くなる場合があります。

インビザラインのデメリット



症例によっては適用できない

重度の矯正治療には向かないため、歯並びの軽度から中等度の症例に適しています。


マウスピースによっては発音が難しくなる

マウスピースの形状や厚みによって、発音がしづらくなることがあります。


初期費用が高い

ブラケット矯正よりも治療期間が短いことや、見た目が自然であることなどから、初期費用が高くなる傾向があります。

当院のインビザラインの治療法


iTero element 5D


近赤外線画像(NIRI)テクノロジーを搭載した最先端の3D口腔内スキャナーを導入しています。このスキャナーを使用すると、インビザライン(マウスピース矯正)や被せ物の型採りなどに必要な精密で正確な印象を容易に取得することが可能です。また、シリコン素材を口の中に入れることなく操作できるため、患者様にとっても大変快適です。


3D画像を活用したマウスピース矯正

特に注目すべきは、3D画像を活用したマウスピース矯正のシミュレーション能力です。これにより、インビザラインの治療進行中でも、歯がどの程度動いているかを評価することができます。これは、治療の効果を綿密にチェックし、適切な対応を行う上で非常に重要な要素となります。


近赤外線画像を使用

このスキャナーは近赤外線画像を使用して、隣接面う蝕などの診断をサポートします。具体的には、隣接面のむし歯をチェックすることが可能で、これまで見つけにくかった隠れた問題点を早期に発見し、適切な治療を施すことができます。


被ばくの心配

さらに、このテクノロジーは放射線を使用しないため、被ばくの心配が全くありません。これにより、患者様の安心感をさらに向上させ、ストレスフリーな治療環境を提供しています。

インビザラインの料金について


インビザラインの注意点


正確な治療計画の作成が必要


インビザライン治療には、歯列の3Dスキャンや模型を用いた計算が必要です。そのため、正確な治療計画を作成することが必要です。治療計画は、歯科医師と患者さんのコミュニケーションを大切にし、細部まで確認することが重要です。

経験豊富な歯科医師が必要


専門的な知識や経験が必要です。治療が上手くいくためには、経験豊富な歯科医師が担当することが重要です。患者さんは、インビザライン治療を希望する場合は、経験豊富な歯科医師を選ぶことが大切です。

国際インプラント学会

正確な装着が必要


アライナーは、正確に歯に装着することが必要です。装着が不十分だと、治療が遅れたり、効果が上がらなかったりすることがあります。そのため、患者さんは、治療中は正確な装着を心がける必要があります。

食事や歯磨きに注意が必要


アライナーは、外せるため、食事や歯磨きの際には外すことができます。しかし、アライナーを外した状態で長時間過ごしたり、飲食物を口にするときに外し忘れた場合、アライナーが汚れたり、破損することがあります。そのため、患者さんは、食事や歯磨きに注意し、アライナーを破損しないようにする必要があります。

治療期間中の定期的な歯科医院の診察が必要


インビザライン治療中は、定期的な歯科医院での診察が必要です。この診察では、装置のフィット感や治療の進行状況を確認し、必要に応じて修正を加えることができます。また、口内環境のチェックやクリーニングなども行い、トラブルの予防につなげます。

インビザライン 関連ページ


インビザラインファースト
iTeroについて
田熊 啓弘のプロフィール写真

この記事の著者・監修者

理事長:田熊 啓弘

福岡、佐賀で勤務医経験後、沖縄にて(医)秋桜会さくら歯科クリニック・インプラントセンターを開業。2012年6月うるま市にて、ファーストデンタルクリニック、摂食・嚥下口腔リハビリセンターを開設

略歴

  • 長崎大学歯学部卒業
  • 日本顎咬合学会認定医
  • 国際インプラント学会(ICOI)専門医
  • 国際インプラント学会(ICOI)指導医
  • 日本口腔インプラント学会専修医
  • 子どもの歯並び予防矯正認定医
  • 健康のための永久歯列矯正認定医
  • 日本口腔インプラント学会所属

詳しく見る

Copyright © 2023 ファーストデンタルクリニックうるま 
All Rights Reserved.
Visited 173 times, 1 visit(s) today