インビザラインファースト


Invisalign First

インビザラインのイラスト画像

歯並びの改善を追求する方々に、画期的な矯正治療法が登場しました。それが、『インビザラインファースト』です。インビザラインファーストは、透明なマウスピースを使用して行う小児向けの短期間の矯正治療で、効率的かつ迅速な歯並びの改善を可能にします。従来のブレースやワイヤーとは一線を画すこの方法について、特徴や利点、適応症について詳しくご紹介いたします。

インビザラインファーストとは?


インビザラインファーストは、最新の矯正治療法の一つであり、透明なマウスピースを使用して歯の位置を調整し、短期間で歯並びを改善する小児向けの矯正方法です。この方法は、従来のブレースやワイヤーよりも目立たず、快適に使用できるため、外見を気にする方や日常生活に影響を与えずに治療を受けたい方に特に適しています。

咬合育成の重要性(子供)

インビザラインファーストの効果的な使用方法


①マウスピースの正しい装着と取り外し


マウスピース(アライナー)を効果的に使用するためには、正しい装着と取り外しの方法をマスターすることが重要です。マウスピースを装着する際には、指示に従って丁寧に歯にフィットさせます。また、取り外す際には無理な力をかけずに取り外すことで、アライナーや歯にダメージを与えないように気を付けましょう。

②指示通りの装着時間の守り方


インビザラインファーストの効果を最大限に引き出すためには、指示通りの装着時間を守ることが大切です。通常、アライナーはほぼ絶え間なく装着することが推奨されますが、食事や歯磨きの際には一時的に取り外すことができます。しかし、できるだけアライナーを装着している時間を長くすることで、効果の現れるスピードを高めることができます。

③定期的なアライナーの交換


治療の進行に応じて、マウスピース(アライナー)を交換することがあります。歯の移動に合わせて新しいアライナーが提供されるため、指示通りに定期的に交換することが重要です。交換時期を守ることで、効果的な歯の移動を維持し、治療の進行をスムーズに進めることができます。

④歯磨きや口腔ケアの徹底


アライナーを使用する際には、歯磨きや口腔ケアを徹底することも大切です。アライナーを装着している間は、食べかすや汚れがアライナーと歯の間に溜まりやすくなります。適切な歯磨きやフロスの習慣を持ち、清潔な状態を保つことで、治療の効果を最大限に引き出すことができます。

インビザラインファーストの適応症と適応外


【適応症】



軽度な歯並びの不正

インビザラインファーストは軽度な歯並びの不正に対して特に効果的です。前歯の軽微なクロスバイトや歯並びのズレ、少数の隙間など、比較的簡単なケースに適しています。


前歯の対処

主に前歯に焦点を当てた矯正治療です。前歯の外見を改善し、美しい笑顔を手に入れることが目的です。


迅速な治療が希望される場合

インビザラインファーストは短期間で効果を得ることができるため、急いで治療を完了させたい場合に選択肢として検討されます。


外見に気を使いたい方

目立たない透明なマウスピースを使用するため、外見を気にする方にとって魅力的な治療法です。

【適応外】



複雑な歯並びの不正

重度な歯並びの不正や噛み合わせの問題には、インビザラインファーストは適していない場合があります。これには矯正の難易度が高い場合や歯の移動が大きく必要なケースが含まれます。


歯の回転や傾きが必要な場合

インビザラインファーストは特定の歯の回転や傾きには制限があるため、そのような矯正が必要な場合には適切ではないことがあります。


補綴物や歯周病の問題

歯周病などの歯の健康問題や、すでに入れている補綴物(クラウンやブリッジなど)がある場合には、適用が難しいことがあります。


従順な患者への制約

インビザラインファーストの効果を最大限に引き出すためには、アライナーを指示通りに装着し、ケアする従順な患者が必要です。適切なケアができない場合、治療効果が低下する可能性があります。

インビザラインファーストの利点


1. 目立たない外見


インビザラインファーストは透明なマウスピースを使用するため、他人からほとんど気づかれることなく治療を受けることができます。歯列矯正の目立つ外見を気にせずに、自信を持って日常生活を送ることができます。

2. 快適な使用感


マウスピースはスムーズで滑らかな素材でできており、口の中に装着した際に違和感や痛みを感じにくい特徴があります。食事や会話、歯磨きも通常通りに行うことができ、快適な使用感を保つことができます。

3. 短期間の治療


インビザラインファーストは、通常数週間から数か月という短い期間で効果を得ることができる治療法です。歯の移動を迅速に進めるため、急いで効果を実感したい方やイベント前の緊急の治療にも適しています。

4. 取り外し可


治療中にマウスピースを取り外すことができるため、食事や歯磨きが容易です。これにより、日常生活への影響を最小限に抑えつつ、治療を続けることができます。

うるま市の歯医者【ファーストデンタルクリニックうるま】のロゴ
田熊 啓弘のプロフィール写真

この記事の著者・監修者

理事長:田熊 啓弘

福岡、佐賀で勤務医経験後、沖縄にて(医)秋桜会さくら歯科クリニック・インプラントセンターを開業。2012年6月うるま市にて、ファーストデンタルクリニック、摂食・嚥下口腔リハビリセンターを開設

略歴

  • 長崎大学歯学部卒業
  • 日本顎咬合学会認定医
  • 国際インプラント学会(ICOI)専門医
  • 国際インプラント学会(ICOI)指導医
  • 日本口腔インプラント学会専修医
  • 子どもの歯並び予防矯正認定医
  • 健康のための永久歯列矯正認定医
  • 日本口腔インプラント学会所属

詳しく見る

Copyright © 2023 ファーストデンタルクリニックうるま 
All Rights Reserved.
Visited 81 times, 1 visit(s) today