ノンメタル歯科治療


non-metal

身体の健康はお口の健康から


健康は、美しい笑顔から始まるとも言われます。いつも笑顔でいるためにも心と身体の健康がとても大切です。お口は、そのもっとも重要な役割と言えます。例えば、肩こりや腰痛などの原因が歯からきている、ということは稀ではありません。

その原因の一つに『金属アレルギー』があります。いわゆる"銀歯”のことですが、これにより日々の体調に影響を及ぼす方がいます。当医院は、知識と技術を持って、金属アレルギー除去に取り組んでいます。

金属アレルギー症状


金属アレルギー·アトピー性皮膚炎·肩こり·腰の痛み

·腰痛背中の痛み·偏頭痛股関節の痛み·目の重み

鼻づまり足の痛み·首筋のこり·めまい·冷え性·不安感·イライラ

金属アレルギー原因


歯科治療に使用する金属材料がアレルギー反応の一因となることがあります。この材料は、金属クラウン、ブリッジ、インプラント、歯科用アマルガム(銀歯)などに使用されます。

金属が溶け出す原因


これらの金属は、長い年月を経て少しずつ口腔内で溶け出し、体内に取り込まれます。金属が溶け出す原因としては、唾液の中の酸や塩基、飲食物に含まれる酸、摩耗、電気化学反応(金属間での電流の流れ)などが挙げられます。溶け出した金属イオンは、体内で免疫系に影響を及ぼし、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

アレルギー反応


しかし、全ての人が金属材料によってアレルギー反応を示すわけではありません。アレルギー反応は個々の体質や免疫状態に大きく依存し、特定の金属に対する過敏性を持つ人々に限られます。そのため、金属アレルギーを疑う症状が現れた場合は、適切な診断を受けることが重要です。

ノンメタル歯科治療


ノンメタル治療とは、金属の詰め物を金属以外のやさしい材質(セラミックなど)に置き換える処置です。審美性にも優れ、強度も非常に高くなります。

セラミック治療


セラミックは金属と違い、自然な見た目が得られ、アレルギー反応を引き起こす可能性も低いです。セラミックのクラウンやブリッジは耐久性があり、自然な色合いを再現することが可能です。

コンポジットレジン


これは合成樹脂を基にした材料で、小さな虫歯や割れた歯の修復によく使われます。この材料は歯の色に合わせることができ、治療後も自然な見た目を保つことが可能です。

ガラスイオノマーセメント


これはガラス粉末と酸性液体を混ぜたもので、歯に対する接着力が強く、フッ素を放出して虫歯予防にも寄与します。特に子供の乳歯や、成人の根面虫歯治療によく使われます。

このような方はご相談ください


すでにお口の中に金属の詰め物がある方、また、金属かセラミックかを考えている方など、ご本人のお話を伺いながらベストな治療方法を考えていきます。お気軽にご相談ください。

うるま市の歯医者【ファーストデンタルクリニックうるま】のロゴ
田熊 啓弘のプロフィール写真

この記事の著者・監修者

理事長:田熊 啓弘

福岡、佐賀で勤務医経験後、沖縄にて(医)秋桜会さくら歯科クリニック・インプラントセンターを開業。2012年6月うるま市にて、ファーストデンタルクリニック、摂食・嚥下口腔リハビリセンターを開設

略歴

  • 長崎大学歯学部卒業
  • 日本顎咬合学会認定医
  • 国際インプラント学会(ICOI)専門医
  • 国際インプラント学会(ICOI)指導医
  • 日本口腔インプラント学会専修医
  • 子どもの歯並び予防矯正認定医
  • 健康のための永久歯列矯正認定医
  • 日本口腔インプラント学会所属

詳しく見る

Copyright © 2023 ファーストデンタルクリニックうるま 
All Rights Reserved.
Visited 136 times, 1 visit(s) today