インプラントと入れ歯|どちらがいいのか?


Implant dentures

歯を失った際に補う方法として、インプラントと入れ歯があります。それぞれの特徴やメリットデメリット、自分に合った選択肢を見つけるためのポイントも紹介します。インプラントと入れ歯のどちらが自分にとって最適な方法なのか、ご一緒に考えていきましょう。

歯のレプリカ

入れ歯について


入れ歯の特徴とメリット


入れ歯は、歯を失った部分を補うための取り外し可能な人工の歯です。入れ歯は、歯を失った箇所に合わせて作られ、口の中に装着して使用します。

入れ歯のメリットの一つは、手軽な取り扱いです。入れ歯は取り外しが可能なため、口の中の清掃やメンテナンスが比較的簡単です。また、治療期間が短く、費用も比較的低いというメリットもあります。

入れ歯は、歯を失った箇所にピッタリと合うように作られますので、比較的自然な見た目を実現することができます。また、咬む力を補うことができるため、食事の制約が少なくなります。

さらに、入れ歯は周りの歯に負担をかけずに欠損した部分を補うことができます。隣接した歯を削る必要がないため、歯の健康を保ちながら入れ歯を使用することができます。

笑いあう老夫婦

入れ歯のデメリットと不便な部分


入れ歯のデメリットとして、まず取り外しが必要ということがあります。

食事やお口のケアの際には、入れ歯を取り外さなければなりません。これにより、使い勝手や快適さに不便さを感じることがあります。

また、入れ歯は咬む力に限界があります。周囲の組織や粘膜に支えられているため、天然歯と比べて咬む力が弱くなることがあるのです。硬い食材や噛み応えのある食べ物を十分に噛むことが難しくなる場合もあります。

さらに、入れ歯はお口の中の感覚をあまり感じないことがあります。入れ歯がお口の組織との接触を妨げるため、感覚が鈍くなることがあり、これにより食べ物の温度や硬さを正確に感じ取ることが難しくなる場合があります。

食事の際に口に違和感があるおばあちゃん

インプラントについて


インプラントの特徴とメリット


インプラントイラスト

インプラントの特徴とメリットの一つは、自然な見た目と機能です。

人工の歯根が顎の骨としっかり結合するため、見た目や咬む力において入れ歯と比べると非常に優れています。また、周囲の歯との調和も良く、快適な装着感を得ることができます。

さらに、長期的な持続性があります。適切なケアと定期的なメンテナンスを行えば、インプラントは長い期間にわたって持続することができます。入れ歯のような定期的な交換が不要であり安定感があります。

インプラントは食事中や会話時にも違和感がありません。人工の歯根が顎の骨としっかりと結合するため、口の中でズレる心配が少なく自然な感覚で食事や会話が楽しめます。

インプラントのデメリットと不便さ


セルフケア写真

インプラント手術は外科的な処置のため、手術後には腫れや痛みが生じることがあります。

その為、手術後の経過観察や定期的なメンテナンスが必要です。手術やメンテナンスには時間や費用がかかることも覚えておきましょう。

さらに、インプラント治療には骨の量や質の問題が影響する場合があります。十分な骨の量がない場合や骨の質が悪い場合には、インプラントが成功しづらくなる可能性があります。このような場合には、骨移植や骨形成手術が必要になることもあります。

また、インプラント治療は一般的に入れ歯よりも費用が高くなります。ただし、しっかりとメンテナンスを行えば長期にわたって使用することができるため、インプラントは長期的な視点で見れば、優れた選択肢となります。

自分に合った選択肢を見つける方法


インプラントと入れ歯、それぞれに特徴やメリット、デメリットや不便さがあります。

自分に合った選択肢を見つけるためには、歯科医師との相談が欠かせません。自分のお口の状態や予算、ライフスタイルに合わせて、歯科医師とのコミュニケーションを通じて最適な選択肢を見つけましょう。


さらに、治療費や保険の適用範囲も考慮しなければなりません。インプラントは高額な治療費がかかる場合がありますが、一方で入れ歯は一部保険が適用される場合があります。自分の予算や保険の適用範囲を考慮しながら、費用面でも選択肢を比較しましょう。


最後に、自分自身の優先事項や希望も考慮しましょう。例えば、自然な見た目や咬む力の回復が優先であればインプラントが適しています。一方で、費用や短期間での治療を希望する場合は入れ歯が適しているかもしれません。自分の優先事項を明確にし、それに基づいて選択肢を検討しましょう。


うるま市の歯医者【ファーストデンタルクリニックうるま】のロゴ
田熊 啓弘のプロフィール写真

この記事の著者・監修者

理事長:田熊 啓弘

福岡、佐賀で勤務医経験後、沖縄にて(医)秋桜会さくら歯科クリニック・インプラントセンターを開業。2012年6月うるま市にて、ファーストデンタルクリニック、摂食・嚥下口腔リハビリセンターを開設

略歴

  • 長崎大学歯学部卒業
  • 日本顎咬合学会認定医
  • 国際インプラント学会(ICOI)専門医
  • 国際インプラント学会(ICOI)指導医
  • 日本口腔インプラント学会専修医
  • 子どもの歯並び予防矯正認定医
  • 健康のための永久歯列矯正認定医
  • 日本口腔インプラント学会所属

詳しく見る

Copyright © 2023 ファーストデンタルクリニックうるま 
All Rights Reserved.
Visited 18 times, 1 visit(s) today